割れた画面はすぐに直せる

修理

一人一台スマートフォンを持つ時代が到来しました。公共交通機関に乗っていても皆一様にスマートフォンの画面を凝視していて、周囲に気づく素振りも見せません。そのような状況の中で、不注意からiphoneを落としてしまい、画面を割ってしまうという人が続出しています。改良が重ねられてかなり強度が高まったと言われて入るものの、衝撃に対する脆弱性は否定することができません。iphoneの修理店では割れた画面程度であれば直ぐに直す事ができます。画面のひび割れの費用は5千円程度で、15分もあればきれいに直すことができます。快適さを求めるのであれば、画面にヒビが入った時点ですぐに業者に持ち込むことでたった15分で直ります。iphoneは機種によって画面のサイズが大きく異なるため、専用のパーツを利用する必要がありますが、修理店であれば全てパーツが揃っているので問題ありません。

正規店と非正規店の違い

男性

iphoneの修理を請け負っている店舗には、正規店と非正規店があります。それぞれにどのような違いが見られるのかを比較してみることにします。まず。大きな違いはメーカーから修理を委託されているか否かという大きな違いがあります。正規店ではメーカーから委託されていることから、純正品の部品を使用しています。部品はすべてメーカーから卸されたものを使っているため、細かなこだわりのある人は正規店を利用することを推奨しています。iphoneは世界的なメーカーであることから、純正品は世界中で流通していて非正規店でも取り扱うことができます。この点に関しては必ずしも正規店の優位性を決定づけることはできません。当たり前のことですが、非正規店では正規店のようにメーカーから修理の指導を受けることができないため、独自に習得した方法でiphoneを直しています。実績と経験のある正規店では、非正規店に比べて技術力が高いところもあるので一概に正規店のほうが良いというわけではないのです。また、非正規店は修理にかかる時間が短いため、待ち時間も長くないので早くiphoneを直したいという方の場合は、経験豊富な非正規店に持ち込むのは賢明な判断だと言えます。料金に関してですが、非正規店が多少安い程度でそれほど大きな違いは見られません。正規店で純正品のパーツで直してもらいたいというこだわりがないのであれば、非正規店を利用するデメリットは殆ど無いです。

広告募集中